名づけそむ【心に刺さる名前の話】ネタバレ

漫画『名づけそむ』のネタバレを描いています。

名づけそむ1話【心に染みる名前のプレゼントとは?】ネタバレと感想

こんにちは

3児のママのゆうこといいます。

f:id:yukihira0002:20160921230724p:plain

 

 

ネット広告で気になって読んでみました。

名づけそむ

 

 

 

名前をモチーフにした短編集で

どこにでもある普通の名前でも

 

 

親が考えてくれた最初のプレゼントとして

とても深く考えさせてくれる内容です。

 

 

普段自分の名前は周りの名前の由来を

深く考える良い漫画でした。

 

 

1話の試し読みで読める内容は

 

 

坂野 三津江(さかの みつえ)51歳の話です。

 

 

彼女は旦那と1人娘と暮らしていましたが

ある日、男を作り家を出て行ってしまいます。

 

 

それから18年後…

 

 

彼女が働く文具店で偶然

娘の優花と再会を果たすのですが

 

 

 

優花が9歳の時に

男に走り家を出てしまった負い目もあり

まともに話も出来ない三津江ですが

 

 

優花は思っていたより

怒っても憎んでもいませんでした。

 

 

そして三津江に結婚の報告をすると同時に

 

 

 

結婚式出てもらうのって…だめかな?

 

 

 

もうかかわり合うこともないと思っていた

娘の結婚式に出ることができる♪

 

 

頭の中ではダメなことと思っていても

少しでも娘の晴れ姿を見れることは

三津江にとってもとても喜ばしいことでした。

 

 

でも現実はそんな優しいものではありません。

一度捨てた家族

 

 

父からは

 

二度とかかわり合いたくない

 

と直接言われてしまうのです。

 

 

それだけのことを三津江はしてきたのです。

時がどれだけ立とうとも

子供が許してくれようとも

 

 

世間はそれを許してくれないのです。

 

 

そして三津江は最後に

優花に言葉のプレゼントを渡すのですが…

 

 

 

それがとっても切なくて

ジンときちゃいまいた?

 

 

フィクションですがとってもリアルな描写で

切なくなってきますよ。

 

 

無料試し読みはまんが王国から出来ますよ。

無料で試し読みができるので

使ってみてくださいね。

 

 

➡ まんが王国